--'--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006'04.29.Sat
Letter
高校のときに付き合ってた人から手紙が届きました。

HYの"confidence"というアルバムと共に。

メールや電話が海外でも簡単に出来る時代に、手紙を送ってくれる。そんなところがすごく彼らしい

いつもCD付きで。

前回はミスチルでした(本人ミスチルの大ファンやから笑)。

パティシエになって、東京の高いレストランでウェディングケーキを作ってる。

あ~~今も一緒にいたら・・・あたしケーキ食べ放題の日々を送っていたんじゃ・・・?!
なんてね
ケーキかよっっっっみたいなね。笑

あたしより先に就職して、社会を数年経験してきて、
いろんな変化や困難を乗り越えてきて、
だからこそ言える事というもんがある。

そんな彼の「労働」に対する概念が書かれてた。

学生から社会人として就職する時期は、
これから先自分が生活していく目的を正面から問う大きなチャンスの時期、であるということ。

これからの人生の大半を占めることになる「労働」に対して何を求めるのか
幸せになるために生活している中で、一日の2/3を占める「労働」の時間も、自分にとって幸せに満ちた時間でないといけないのでは? と考えてるらしい。

好きな事を仕事にするのか、やってる仕事を好きになるのか、
順番はどっちでもいいんやろうけど、
やっぱ妥協せずに、自分のやりたいことをもっと具体的に描いて、どんな障害があっても体当たりでそれに食らい付いていこうと私は決心した。
どんな困難が待ち受けてるかもしれんけど、自分が心の底からこれをやりたい、続けたい、というものがあれば、人間は無敵になれるのではないか・・と思った。

思ったことその1:
強く、たくましくなったなあ。
進学校の高校に行ってて、大半が大学進学が当たり前・・と思って特に自分の好きな事ややりたいことを考えずに勉強勉強。という環境の中で、料理の専門学校に行くと決めた彼。彼もある意味では「レールを外れた」わけや。そして自分の新たな「道」を発見し、忍耐と努力とで建設してきた。
そのときは先が見えやんだかもしれんけど、今となり振り返ると「これが自分の人生になる」という職業を見つけたんやね。どんなにこれから困難があっても、
この人はきっと素敵な生き方をしていくんやろうと思う。幸せになると思う。
私も巡りあえるかな~「これが私の人生」と言えるような職業に。

思ったことその2:
タイミングってすごい。彼に特に将来について考えてることを言ってもないし、これも読んでないと思うけど、
今この時期に、この手紙が来たことはある意味、奇跡
"confidence"というタイトルのアルバムをくれたこともタイミングとしては奇跡と思うし。
ほんまにタイミングがすごいのか、それともそのときに考えている事柄やからこそ目が留まるのか・・・。ほら、勉強したばっかりの単語が”たまたま”自分の読んでる本に出てたり。覚えたばかりやからこそ目に留まっただけかもしれんのに、同じ感覚。(意味わからんって?!わかる人いるやろ???)
どうでもいいけど、やっぱタイミングやな。すべては。
タイミングに何度助けられたことか。私の救世主 

思ったこと3:
私は自分で言うのもなんやけど、男を見る目はかなりあると思う
こうして5年経った今でもお互いに励ましあっていける関係でいられることを誇りに思うし、幸せに思う
Mikoちゃん、ナイスチョイス


いや~手紙の内容とかまで色々書いてしまったけど、
いいのかね?!笑
でも、今同じようなことでぐ~るぐ~るしている人が多いことを前回のブログの記事から気づいたので、彼らともこの私のちょっとスッキリした気分を共有したいと思い、UPすることにしました

調子にのって、彼の作ったケーキもUPしちゃおcake.jpg



新郎新婦は犬好きやったのかね?!
色々変な(!?)リクエストがあるみたいよ~。

まあ、あたしもいつか結婚するときが来れば
(来るのか?!
そのときは彼に特注でお願いしますかね~~~~
スポンサーサイト
2006'04.28.Fri
焼けちゃう
春のせいか・・・・

空がピンクでした。夕日が焼ける。夕焼け・・・好きな響きです20060428051009.jpg


これも今日一日くじけずに頑張ったご褒美かしら



Someone's requested me to write in English too.
I've been laaaazzzzyyyyyy for a long long time.

so, i will try to write in English more often.
hopefully in Swedish too?! in the future.

but what i don't like is that i can't write funny articles in English. It's always good to tell you exactly what i think or say in my words.(generally it's a bit funnier in Japanese!!!!)
mmm...no?
i'm not so funny even in Japanese?!

Leave me alone...

So, now my aim is to write in a stylish way both in Japanese and English!!!
Towards my dream of publishing this blog

Wish me luck
2006'04.27.Thu
UPUP
ノルウェー旅行の時の写真をフラッシュアルバムにしました

いつの話やねん・・・ってね。はい去年の10月でした

ほんまに遅くなったけど、公開できてなかったキレイな写真をいっぱいUPできたので自分としては大満足です

ここからLinkの「Mikoの車窓から」に飛んで、
ジオログに侵入してみて下さい。

楽しんでくれぴ
2006'04.25.Tue
HARUKAZE makes me think....
少し春らしくなった風をあびながら、いろいろ考えた。

将来何をしたいか。自分の能力を生かせる環境って何か。
自分の可能性・能力ってそもそも何か・・・。


苦戦しています。答えを見つけ出すのに。


小さい頃からこれといった「」を持ったことが一度もなかった。英語がうまくなりたい、とかイタリアに行きたい、とか中田に会いたいとか(笑)漠然な夢、というか目標はあったけど、こんな職業に就きたい、とか思ったことない。

昔は、将来どんな仕事がしたいかを聞かれたら、
「仕事はできればしたくない。自由に生きたい」って答えてた気がする。それが自分らしいって思ってた。

で、そんなことも言えへん時期・歳になってきたわけや。

でも「自由に生きたい」というのはずっと変わってない。自由というのは別にふらふらと何も考えずに行き当たりばったり生きていくっていう意味ではなくて、自分のやりたいことをいつでもできる身軽さと柔軟さを持っていたい、という意味で。
そして自分で自分の人生を決めたい、という自由も含めて。

それでも、自分は1人で生きていけるわけではなくって、同時に色々なサポートや援助をしてくれる人の気持ちを酌むことはどうしたら可能なのか・・・。

自分が幸せやったら周囲の人間も幸せや。

・・なんて大間違い。そんなに私の世界は甘くないみたい。

本当にこれは迷路です。
先が見えそうで、見えない。
この道が合ってるようで、間違ってるようで。

「間違っていたとしてもいいやんか。間違いと気づいた時にまた1からやり直せば。」
そう言える気楽さをここ数年で失ったように思う。

昔は「なるようになるやろ」と言いながらも、実はそこにあったチャンスを一つずつ拾ってきただけ。
チャンスそのものを自分で作り出した経験がない。

なんとなく適当に、色んなものに手だして、色々経験して、それなりに努力もして、ここまでやってきたけど

ここまでそうやってうまいこと生きてきて、
つらい経験もしたことなくて、


それが今になってコンプレックスになるなんて。。。


昔から、たいがい何でも人並みにできた。血のにじむような努力をすることもなく。さらっとできた。
何かが誰よりも長けているとか、劣ってるとかなく、
オールラウンド型やった。

そのおかげで視野は広くなった。
でも、そのために自分は何が得意何が人より長けているのか考えてこなかった。

それが今になってコンプレックスになるなんて。。。

平井堅の歌の歌詞で
あの日描いた未来に僕は近づいただろうか」っていう部分があったなあ。

昔から「もっとこうなりたい」って思ったことがない。
等身大の自分で満足してきた。(してしまってきた。)
変わることを一番嫌がってきた。

自分らしく生きていく」ことが何よりも大切やった。レールがあったから、特に何も心配せんでも自分らしく生きていける状況の中にずっといたのよね。

でも状況が変わったら、自分も変わらなあかんの?

まさに
「変えられないものを受け入れる力、そして受け入れられないものを変える力をちょうだいよ」by宇多田。
ですよ。

レールを少し外れた今、

自分の思うままに生きるって、どういうことなんかね~?

と考えています。

誰か、意見して下さい。個人的にでもいいので。

夜露死苦!!!(←スーパーウルトラ死語らしいよ。)
スーパーウルトラってのもどうかと思うけどね。
2006'04.20.Thu
復活!!!
落ち込んでいたわけではありません「復活祭」、イースターの過ごし方について話します。

そもそも日本にはイースター休暇なんてないもんで。この微妙な一週間の休暇は何なんだ?!

「復活祭」=キリスト教会で、イエスの復活を記念して春分後の満月直後の日曜日に行う祭事。

ですと。たまには広辞苑も役に立ちますのよ
だからイースターは年によって3月後半になったり4月中旬になったりします。
世界にはこんな意味わからん休日が溢れています。

ゴールデンウィークって何なん?!って聞かれたら答えられへんっしょ。だって広辞苑の説明でさえかなりアバウトやもん
「ゴールデンウィーク」=4月末から5月初めの休日の多い週。  
まじウケる~~~!!休日の多い週って!!!アバウトや~~~~ 
しかもちゃんと「黄金週間」と和訳まで付いてました。黄金週間って・・・

前置きが長くなってしまった・・。いつもこうなのよね でも電子辞書一つでひとりで笑って、つっこんで・・・こんなに楽しめる自分をちょっと誇りに思うわ・・・
ということで、イースター休暇をどんな風に過ごしたかを書きます!

2つの旅行をしました。1つはスウェーデン人で日本語を学んでる、このブログにも何回か登場したEllenと一緒に彼女の実家であるKarlstadという町に行ってきた。Stockholmと同じくらいの緯度でやや西にある。電車でヨーテボリ(スウェーデン第二の都市)まで3時間。そこから乗り換えてまた3時間。計6時間の旅 
長~~~って(いつものように)ぶつぶつ文句を言ってたら日本語で「文句言わない」と諭された どこに行ってもこの「文句癖」は治らん

ルンドの雪はもうさすがに溶けたが、北に向かうとまだ雪が残っている。おいおい・・4月中旬でっせ
Karlstadの町の中心である川。。。。凍ってたでも凍ってる川を見たのが初めてで興奮しちゃった
20060412035751.jpg20060412035818.jpg


20060412035832.jpg20060412035806.jpg

町はこんなかわいらしい感じ ついつい何気ない光景を写真におさめたくなってしまう。

この2日間という短い旅で一番楽しんだこと!それはEllenが去年卒業した地元の高校に潜入したこと スウェーデンの教育システムの豊かさを目前にした経験やった。
日本にいたときの研究でスウェーデンの高校はより実際の仕事や将来の夢に基づいた「実践的教育」をおこなっている。日本では高校では「総体的教育」が一般的だが、スウェーデンでは、メディア、デザイン、美術、音楽、演劇、ダンス、科学、数学、コンピュータなどの多様なコースがあり自分で選択する。音楽で楽器の演奏を選択した生徒は先生とのマンツーマンレッスンが受けられるという。また、社会や哲学、語学などはどのコースに所属しても受ける共通科目である。
色々なコースに応じて教室の雰囲気や設備、生徒のファッションまで全然違う 若い年齢から将来を意識し、自分のやりたいことや、自分の得意なものは何か・・を自分で考える機会がある。大きい夢を追い求めるも、堅実に現実的に生きるも、すべて生徒の自由。個性を育てる教育というものはこうして発達すると思う。
写真は服飾、メイクアップ、絵画コースの一面。
20060412035926.jpg20060412035943.jpg20060412040005.jpg


カフェテリア
20060412040032.jpg

このほかに無料でランチが食べれる食堂もあるし、休憩所のようなスペースもある。リラックスできるスペースだらけ 
校内のカフェでキャンディーを食べながら(コーヒーやコーラとかの飲み物はもちろん、おかしも売ってるの。)日本とスウェーデンの学生生活の違いについてEllenと語った。
日本ではストレス・・というときっと受験が一番に来るよな。でもスウェーデンでは(たぶん欧米では)学校で人気者にならなあかん(ファッションとかも含め)というプレッシャーがあるらしい。どこでも「いじめ」は重大な問題みたい。

イギリスの新聞で「学校の保健員が生徒にどこまで医療処置をおこなう権利があるのか」という話題があった。保健員は現在のところ、特に女子生徒の性行為について、相談を受け、必要であればモーニングアフター・ピルや中絶の手配まで、保護者への相談なしにして処置することができてしまう。
その話をEllenにしたらスウェーデンでも同じで、むしろそんなプライベートな問題は保護者であれ本人の許可なく他人に明かされるべきではない、らしい・・・。生徒が未成年であってもそれは同じ。でも親として自分の知らんところでそんなことが繰り広げられていたら悲しすぎるやん。と言ったら、「子どもから最初に相談されへん時、というか親の知らんところで子どもがそんな行為をしている時点で、すでにもう親は親としてのコントロールを失ってるんやよ」と言われ、すごく納得した。
「親としてのコントール」ってどうやって保つのか、本当に人それぞれやと思う。でもきっとすごく難しいんやろうなあ、大人としての責任はまだないけど、心身ともに成長している子どもの親をするって。正しい判断力とまわりに流されない強さを教えることが大切かもしれへんな。

家に帰って、家族のアルバムを見せてもらった。どの写真もすごく素敵やった 世界各国に旅行した写真、Ellenや弟の卒業式の写真、プロムの写真、湖のそばのサマーハウスの写真。スウェーデンらしい光景がいっぱい
 
写真を残していくってすごい良いことやーーー よく日本人は何でも写真を撮るってバカにされるけど、何十年後かまで「」として思い出を残せるんやから堂々と写真を取りまくればいいと思う あと、最近はみんなデジカメやけど、パソコンの中に写真を溜めてずにちゃんと現像してアルバムを作ることが大事や~と思った
写真撮りすぎや~って言われたら「日本人やもん」って言えばいいしね

20060412040059.jpg

最後に、Ellen、弟、お母さん、お世話になりました!
ありがとう!
いつかまた訪れたいです
2006'04.12.Wed
ここ最近
あっという間に時間が過ぎていった。 ここ数日どんな風に過ごしたか振り返ってみよ。 木曜日、ロンドンに留学中のサークルの後輩ちゃんがルンドに遊びに来てくれた いつもの調子でかわいい後輩を連れまわし・・・おかまいなしでほんますんません でも何気ない町の風景とか、ちっさいことに感動している彼女を見て、自分が留学先として選んだ町にちょっとまた愛着心がわいた外からの目って大切なもんで、今まで事務的にさっさと通り過ぎてきたものが「特別」なのかもしれない・・と思った。ルンドを選んでよかった。この町に住むのもあと2ヶ月。もうちょっと小さな発見をたくさんできたらいいんやけど 木曜の夕方、クラスが同じやったAnnaとBojanがなんと!寿司を作りたいっちゅーことで急遽応援に呼び出された 日本人以外で寿司を作る!と言い出したのは今回が初めて。でも自称「クリスマスプレゼント」やというBojanの炊飯器(どう見ても鍋にコードをつないだもんにしか見えない)やら、魚やらお酢、醤油、と色々準備していて素敵な寿司がいっぱい作れた 20060412035615.jpg20060412035626.jpg
イギリスに発ってから初めて食べた寿司がスウェーデンで、しかも手作りで・・となったという後輩ちゃんそれもおもしろい体験やね。「寿司作り」という新しい文化が流行りつつあるルンド!!!一緒に作って、一緒に食べて、っていうのが寿司をよりいっそうおいしくさせるのかもしれん

木曜日の夜、アムネスティで一緒に活動してきたTheresiaのお別れ会。イースター前にドイツに帰るということでみんなで夜ごはんでも作って集まる事に。 私は前々から日本料理を作って食べさせたいという念願を叶え、天ぷらを作っちゃいました~~~ というのも、Willy's(家の近所のスーパー)で「ブルードラゴン」というアジア系の調味料ばっかり売ってるシリーズの中に「天ぷら粉」っちゅーもんを見つけてしまったからです。イギリスに行った時にもRichの家族に作ってあげ(・・毒味?!)た結果、めっちゃ好評やったから今回もこれでいくことにした! ロンドンから遊びに来てくれてた後輩ちゃんもせっせと働かせて、アムネスティのみんなにも指示をしまくり働かせて、やっとのことで海老とさつまいもの天ぷらが完成
出来はまたしても・・・最高~~~ 20060412035555.jpg
いつも女5,6人が集まって、まあ普通であれば話す事といえば男の話か、女の悪口か・・・。でもうちらはそんな話題いっさい出ず・・ワインをたしなみながら話す事といえば「社会問題」について!!!とくにうちらは「女性への暴力」について活動してきたから自然と会話はそっちの方向へ進む事が多い。そして様々な国や文化のバックグラウンドを持っていることがまたおもしろい。ドイツ・カナダ・イラン・イタリアなどから来ているから、育った環境も違うし、一緒に活動し始めてからまだ半年・・やのに彼女らと話していると、社会に対する意見や危機感・・というのかな、そんな感覚が似ていて古くからの友人であるかのように仲が良い。話は止まるところを知らず、時間だけがものすごく早く過ぎていく。でもこの数時間の間にどれほどのことを学ぶやろうか。私はいつも彼女らとのディスカッション(とも言えへんようなフランクなもんやけど)から多くの新しい知識や、問題意識を得るし、何より自分のモチベーションというものがめっちゃ高められる。そんな彼女らに出逢えたことに感謝 あと2ヶ月でばらばらになっていくけど、きっと別々の道を歩きながらも同じ感性を持ち続ける事やろうと思う。そしてきっとお互いが成長し、いつか再会するやろう!そのとき社会は私らの望むようなものになっているかは疑問やけど、そうしたらまた一緒に活動する機会があるかもしれないね


金曜日。寮のみんなとお出かけ。半年一緒に住んで一緒に出かけたのはこれが初めてやった!!っていうか毎日顔をあわせてるからあんまり一緒に出かけようなんて考えた事もなかった・・でもナイス提案!でした。
ルンドのネイション(学生ユニオン?!みたいなもんでランチ、ディナー、クラブ、カフェ、となんでも来い!!みたいなとこ。)の3コースディナーとクラブに行った。
20060412035647.jpg

いきなり会場で「めっちゃ緑の人」に遭遇!!!そう、体に緑のペイントをしてるねん。後姿の写真しか撮れなかったけど(バレたら私も緑にされてしまう!!という恐怖から)もちろん顔も全面緑!!!・・・ふと見渡してみれば何なん?!今日・・コスプレ大会?!という程の変な集団。サッカーのユニフォーム着た人やら、Hip-Hopな人、そして(ちょっとイケてないマジシャン・・)やら・・ぷぷ笑。いろんな人がおりました。後で聞くと、社会科学部の人らですってよ・・・はい、ここにもいましたね社会科学部の人間が。そうです、私です・・・ 赤面でした・・・。でも私はちゃんと”正装”していたので!!!誤解のないように。
ほんでこれまた後から聞いたところ、”H"から始まるテーマの変装やったらしく緑の人は「ハルク」やったみたいです。・・・・・にしてもそんねん頑張らんでもいいのよ。と何回心の中で同情的に思ったことか・・。
でもマジシャンはいったい何が”H”やったのか・・・謎

料理は普通でした。期待しすぎたかな・・・
20060412035730.jpg20060412035739.jpg



こんな感じの焼き鳥チョコケーキ。焼き鳥(スウェーデン人はケバブやと言い張った!!けど、どう見ても焼き鳥やんな?!)でも鳥じゃなかってんけど・・・たぶん豚でした。もうちょっと肉にもケーキにも潤いってもんが欲しかったねえ・・・

まあ料理はさておきみんなで食事して踊って、いつもとは少しだけ違う顔の寮友たちと楽しめて、良い思い出になったなんとなく心を許せる、はしゃげる、自分を着飾らんでも受け入れてくれるのが心地良い人たち。
対人運は昔から良い私。ここスウェーデンでも発揮してきたみたいです。

20060412035709.jpg20060412035717.jpg

そんな寮メイトらと住むのもあと2ヶ月もないよ。
なんか切なくなってきちゃう・・・。
でも、彼らのおかげで自分が全く違う環境であるにもかかわらずどれだけ快適に過ごすことができたか、ということを忘れずに残りのkamnarsvagen(寮の名前。ちなみに発音は”シェムナシュバーゲン”)一家を楽しんでいきたいな
2006'04.05.Wed
TOKIMEKI
ついに・・・・

「あの」話題やったドラマ「アンフェア」をダウンロードして見始めてしまった・・・

あの「安藤ノーマークやったのに!!」の結末のドラマ。

そう。私は犯人が誰かもうわかってる

おうよ、日本のみんなTHANKS!!!!!!!!!!怒怒怒

よくもブログやらMixiやらに結末を書きやがって~~~~~

しかも前文に 「結末を知りたくない人は読まないように

とか書かれても読んでしまうのが人間ってもんやーーーん


んでもやっぱ気になって見始めてしまったわけよー
=いこ~る
またこれから3,4日ほど寝不足が続くわけよーーー

初回の感想は・・・
おい~~~篠原、セリフかみかけてるやん~~~
ちょっとありがち刑事ドラマちゃうん?!
これが日本で大人気のドラマか~~~どうなんそれって?!

とまあいつもの批判的姿勢は変わらず・・・

でももうそんなんどうでもいいねん。
二流ドラマだって三流ドラマだって
誰がなんと言おうがなんだっていいねん。

私の心を揺るがす一撃
瑛太の登場です

もうあかんわ~~~~
ほんまオバハンかもーーーー
あんな部下がいたらいいのに!!!!と心底思ってしまった。。。心底って誇張してるように思われるかもやけど、
いやほんま心底思ったね。。。
あんな部下を持てるなら日本で働くのも悪くないな~~~と。
ああ・・・リアルな思考回路が嫌

しかもちょっとGoogleで瑛太について調べてしまったし。照
ちょっと~~~82年生まれらしいで。
年下っぽくて実は年下じゃない、いい感じや~~~ん
179cm65kgらしいで。ええなあ~~細マッチョ。マッチョかはしらんけど私の中でもう妄想ができあがってるので放っといて。
特技はサッカーらすいいいで。
もうあかんやん、これ。話合いまくってまうやん
彼女いんのかな~~~~いや、いるよなーそりゃ。
とか考えてる自分に笑

いや~~いいねえほんと。
なんかトキメキってもんを久しぶりに感じたわ~~~
オバハンときめいてもうてるわーーーどないしよ。
今日はチャンピオンズリーグでネスタ見てまたときめいたし。
ときめきの日や

そういう日々を送りたいねんけどな~~
正直最近トキメキが足りてない。(断言できるね
トキメキを取るか安定を取るか、なんて考えたくもないね
「トキメキのない安定」なんていらん。いらん。いらんわボケーーーーーーーーーーー
トキメく安定」が欲しい!!!!!!!!

さて、まあ要するに瑛太病です。
とか書いておきながら今さっき検索するまで彼の名前を「オータ」という名前やと思ってたという事実は。。隠しておきましょう。
ほんまオバハンやな。

さてと、今夜は瑛太にしようか~ネスタにしようか~なーんて考えながら眠るとするか

もうここまでくると放っといて、と言わずして放っとかれる・・・っていういつものパターンですな。

いや~~~でも瑛太いいわーーーー

え?もういいってな。はい、しつこいな。
すんません。寝ます。
おやすみ

・・・・・・・・・・・・・・・
あかん、眠れへんわーーーーー
瑛太が横に寝てくれたらぐっすり眠れるのに・・・

はい、わかってます。もうさすがに。。おもんない?!
そやな。寝るわ。

・・・・・・・・・・・・・・・
朝起きたら瑛太がキッチンにいて朝ごはん(ホットケーキ&コーヒー&いちご)作ってくれてへんかな~~~

こうしてMikoは時間と労力を無駄遣いしています・・

いいねん、トキメキがあれば
2006'04.01.Sat
Impulse!
衝動・・・・に駆られてしまった。

衝動・・・買いをしてしまった。 20060401034443.jpg


たまたま町で見つけたちっちゃい手作りっぽいアクセサリー店。
赤い花が立体的でかわいいネックレス

衝動買いって英語で何て言うんやろ~とふと思った。
まさかImpulse?? な~んてね~~

そのまさかでした。

衝動買い Impulse buying
衝動買いをする buy a thing on impulse
 衝動買いをする人 an impulse buyer
   」

と、どうもご丁寧に。
自分の生活から性格まで辞書にうまく説明されたような気がしました

でもでも・・・かわいかってんもん
どうしても欲しかってんもん

最近雨続きで、空がどんより暗くて、
やることいっぱいあって、
将来のこと考えやなあかんくて、
自分だけのことを考えたいけど、他の人のことも考えやなあかんくて、

そんなもやもやした雲をかき分けて目に飛び込んできた
赤い花

自分のものにするしかないでしょう?

同意求む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。